<カウンセリングのおおまかな流れ>

 

①まずは、ほっとする安全な空間で、現在のお気持ち、感情をお話しください。


どんなささやかなことでも、ご自身が感じる、感じた、心の痛みや経験、問題になっていると思われる思い等を自由に話すことにより、ご本人様が予想されるよりも、その思いから解放されてまいります。

②私ども家族関係心理士のカウンセリング内容は、傾聴だけではなく、

十分にお話いただいき、そして十分に拝聴させていただいた後には、

ご自身が「どうなりたい」「どうしたい」のかが、
自然とわきあがるように分かってまいるシステムとなっております。

無理なく、自然とご自身の願望を明確にすることで、
しっかりとカウンセリングの目標を定めることができ、

個人差はございますが、
従来のカウンセリング期間よりも短い期間で終了することが可能となります。

十分にお話を聴かせていただいた後に自分の長所・夢・うれしかったこと身近な人の長所などをシートと言う紙に記入していただきます。

カウンセリングシートを書き続けることでセルフイメージが高まり、
自分や相手に対する見方が変わってくるようになります。

「シートの記入を続けられるかしら…。」とか「どんなことを書いたら良いのかわからないわ。」と思っておられる方も、ご安心ください。
カウンセラーが、(励ましのコメントなど)しっかりサポートしますので、少しずつ書き続けることができます。途中で書けない時などは随時カウンセリングを行い、どう生きていくのがベストかをご一緒に模索させていただきます。

④そして、生活プラン作りをご一緒にすすめてまいります。

毎日の生活の中で、どんなに小さなことでも構いませんので、
ほんの少し、生活の中に変化を加えていただきます。


⑤ご本人のご希望や状況により、基本カウンセリングを継続するか、1回で終了とするか、または、カウンセリング手法としての『回復の12ステップ』というスモールグループにご参加いただくかをご一緒に決めてまいります。

 

 

 

今は、まだ暗いトンネルの中のようだ、と感じられておる方も、

どうぞ、ご一緒にイキイキと幸せに生きる方法を考え、実践し、

心のエネルギーをご一緒に取り戻し、
あなたらしさ全開の人生を切り開いてゆきましょう!